組織改善に向けてカウンセリング活動を推進してきた株式会社平山が提案する新しい問題解決メソッド

  • お電話でのお問い合わせ 03-5783-3571
  • [受付時間]月~金9:15~17:15
  • WEBからのお問い合わせ

お知らせ

2016/09/30

定年65歳以上引き上げ企業への助成金の支給

少子高齢化が今後一段と進行する中で、各企業にとって高齢の従業員の有効活用は重要な課題の一つです。このた び国は「定年65歳以上引き上げ企業への助成金」の支給を開始しました。65歳以上者の雇用は、各企業にとってはあまり経 験のない問題なので、実施にあたり解決しなければならない問題が数多くあります。そうした問題解決にあたり平山のEAPコン サルタントのアドバイスがお役に立つと思います。ぜひお声をおかけください。

定年65歳以上引き上げ企業への助 成金の支給

~65歳超雇用推進助成金~

1.助成金の目的「高年齢者の安定した雇用の確保」

65歳以上への定年引き上げなどの取組みを実施した企業に対して助成するものであり、高年齢者の就労機会の確保および希望者全員が安心して働ける雇用基 盤の整備を目的としています。

2.受給要件と支給額

(1)労働協約または就業規則による次の(2)のいずれかに該当する新しい制度を平成28年10月19日以降において実施した企業を対 象としています。
(2)支給額
実施した制度に応じて、次に定める額が 支給されます。
実施した制度支給額
65歳への定年の引上げ100万円
66歳以上への定年引上げまたは定年の定めの廃止120万円
希望者全員を66~69歳まで継続雇用する制度の導入60万円
希望者全員を70歳以上まで継続雇用する制度の導入80万円
(注)定年引上げと継続雇用制度の導入を合わせて実施した場合でも、支給額は定年引上げを実施した際の額となります。

平山EAPサービスのご相談・お問い合わせはこちら

  • 03-5783-3571 受付時間:月~金 9:15~17:15
  • WEBからのお問い合わせ