組織改善に向けてカウンセリング活動を推進してきた株式会社平山が提案する新しい問題解決メソッド

  • お電話でのお問い合わせ 03-5783-3571
  • [受付時間]月~金9:15~17:15
  • WEBからのお問い合わせ

お知らせ

2016/09/30

セルフ・キャリアドック制度導入で助成金50万円

企業での人材育成は、企業発展の大きなカギを握ると言っても過言ではありません。昨秋政府は、企業での人材育成を支援するためセルフ・キャリアドック制度を新設しました。その概要をご紹介します。本制度推進のためにはキャリアコンサルタントの支援が必要で、(株)平山の経験豊富なキャリアコンサルタントがお手伝いします。

セルフ・キャリアドック制度導入で助成金50万円

1.キャリアコンサルティングを導入してみませんか!

企業においては、キャリアコンサルティングを通じて、社員の人材育成(職業能力向上)や若手社員の定着支援など、特定の社員層に関する課題の解決に結びつけることが必要です。
政府では、こうした企業におけるキャリアコンサルティングの導入促進策として「セルフ・キャリアドック」を推奨しています。
「セルフ・キャリアドック」とは、社員のキャリア形成における「気づき」を支援するため、年齢、就業年数、役職などの節目において定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を設定する仕組みのことをいいます。

2.セルフ・キャリアドックにより期待される効果とは?

(1)社員の仕事に対するモチベーションをアップさせることができます。
①社員が自らキャリア・プランを考えることにより、主体的に仕事や職業能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
②社員が適性や職業能力などへの自己理解を深めることにより、工夫して仕事や能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
(2)新規採用社員などの定着の支援や育児休業者などの復帰を円滑に行うことができます。
①新規採用社員などに対して、キャリア・プランを明確化・具体化することにより、職場への定着や意欲を高めることができます。
②育児休業者や介護休業者などが抱える課題の解決を支援することにより、職場復帰を円滑に行うことができます。
(3)上記(1)(2)を通じて、全体として企業の生産性を向上させることができます。

3.キャリア形成促進助成金(制度導入コース(セルフ・キャリアドック制度))

(1)企業でセルフ・キャリアドック制度を導入し実際に実施した場合に50万円(大企業は25万円)が支給されます。
(2)なお、セルフ・キャリアドック制度を就業規則または労働契約に規定するとともに、制度を雇用する社員に周知することが必要です。
また、キャリアコンサルティングは、キャリアコンサルタント国家資格を有する者が実施する必要があるなど条件があります。

平山EAPサービスのご相談・お問い合わせはこちら

  • 03-5783-3571 受付時間:月~金 9:15~17:15
  • WEBからのお問い合わせ